2012年06月09日

北海道旅行 その1

先日、北海道へ行ってきました。
何年ぶりかわからないくらい久々の家族旅行です。
複数の人から「え?嫁に行く前の思い出づくり?」とか言われましたが、
今のところその予定はありません(笑)

※以下長文、かつ写真多めです。


両親は史跡名勝を見て回るよりも歩いたりとかお花見たりするのが好きなタイプ。
私が休めそうな時期と照らし合わせると、利尻・礼文がいいんじゃないかなー
と思って提案してみたら即答で「そこがいい!」と。
職場に山歩きがライフワークといっても過言ではない方がいるので
いろいろお聞きしてみたところ、
稚内空港は霧が多くて欠航もあるよ とのこと。
アクシデントがあって日程伸びるのは困ってしまうので
稚内空港を使わない行程を組みました。

6/1(金)
この日、私は休むことができなかったので、
両親には昼前の便で先に行ってもらい、私は最終便で出発、
札幌のホテルで合流することにしました。
私は札幌行ったことあるけど両親はないので、観光しててーと。

私、20:55発の新千歳行きに乗ったのですが。
到着便の遅れとかで、実際出発したのは21:20過ぎていたと思う。
あわてて事務所飛び出してきたので、
こんなことならもうちょっと片づけられたなーとか思いつつ、
搭乗口前で待ちぼうけ〜。

揺れなかったし、窓際で外も見れたし、フライト自体は快適だったのですが、
千歳についた時間はもうJRが終わっちゃってる時間!
札幌駅までの無料バスが出たものの、JR移動よりも時間はかかるし。
札幌は寝るだけなのも悲しいし、ホテル行く前にラーメン食べちゃおうかな?
なんて思ってたけど、とんでもない。ホテル直行です。
部屋に到着したのは0:30近く。お風呂入って即寝ました。



6/2(土) 礼文島へ、完全なる移動日
7:48発のスーパー宗谷に乗るために、
そしてがっつり朝食バイキング食べるために6時前には起床。

本当は前日、札幌到着後に指定席を押さえておくように頼んでおいたのですがー。
(私が着く時刻にはみどりの窓口やってないので)
追加で料金を取られると勘違いしたらしく、乗車券にしか引き換えられていなくて。
深夜に軽く親子で小競り合い(苦笑)。
で当日、指定券取ろうとしたところ、残3席。しかもバラバラという…。
4両編成の特急列車ですが、恐るべしですな。

▼こちらがスーパー宗谷1号。
IMG_0069.JPG
(ホームでお茶買う時に思いついて撮影。
家族とだとブロガー魂はパワーダウンするらしい)

旭川過ぎると、いかにも北海道!という景色がひたすら続いてました。
が、いかんせん空いていた指定席=通路側。写真は全然撮れませんでした。
稚内までぴったり5時間の旅…。
退屈するかなーと思っていたけど、うとうとしたり(なんせ前夜寝不足)、
景色見たり、途中で降りた人の席に移ってしゃべったりしていたからか
そこまで時間はもてあまさなかったかな。ま、ぜいたくな時間の使い方だけどね。

▼そして稚内到着!
IMG_0072.JPG IMG_0071.JPG IMG_5899.jpg
最北端の駅。空が澄んでいていい天気です。

稚内の駅は割と最近、新しくなったそうで。
とってもきれいでした。ちょっとイメージと違うくらい。
いったん駅のコインロッカーに荷物を投入し、
お昼を食べに観光客向けの魚市場っぽいところまで歩いてみました。
そして、このお昼ごはんも写真なし。握り寿司を食べました。

再度、駅まで歩いて戻り。
荷物を出して今度はフェリーターミナルまで歩きます。
とにかく歩くことに抵抗のない家族なので、タクシー使うなんて邪道だと(笑)。

これまた写真撮り忘れたんだけども。
稚内ってソ連近いんだよなと当たり前のことに気づいたのが。
道路の標識(青い看板ね)にキリル文字があること!
普段まったく見慣れない文字だから目立つこと目立つこと。
2日後に稚内に戻ってきたときに、ちょっと商店街も歩いてみたんだけど
お店の名前も日本語とロシア語の両方で書いてありました。

稚内のフェリーターミナルへ。
こちらも新しくしたばかりだそうで、すごくきれいでした。
できれば事前にネット予約とかしちゃいたかったけど、
2等船席は予約できないみたいで、でも人数超えたら乗れません!
みたいなよくわからない感じだったので、早めに行くしかなくって。
(地元の方の足でもあるわけで、予約で埋まっちゃったら不便なのでしょうが)
1時間前には到着して切符買って、改札口の前に並びました。
団体さんも多くて、人気の場所なんだなーと実感。

出航20分前くらいから改札が始まり、乗り込みます。
▼これが乗ったフェリー
IMG_0074.JPG
15:25出航。
動き始めてから汽笛は鳴らすけど、電車の発車ベルみたいなのはないので
「あれ?もう動いてる!?」って感じです。

海は穏やかでほとんど揺れは感じません。
出航前に私が持っていた酔い止め薬(実はものすごく乗り物酔いする人)を
全員で飲んだけど、その必要もなかったような。

港を出てそんなに経たないうちに、もう前方に利尻富士が見えてきました!
DSCN2735.JPG
色めき立つ船内。みんなカメラや携帯で撮りまくりです。

礼文島までは1時間50分くらい。
外の景色にも慣れてくると、船内はまったりムード。
私は寝っころがることはできなかったけど、体育座りでうとうとしました。
▼船内の様子
DSCN2737.JPG
2等船席といっても、こんな感じでカーペット敷きで靴を脱いで上がるところや、
ふつうの観光船みたいに前向きで椅子のあるところなど、
いくつか種類があって早く並んでいれば希望の場所がゲットできる ってことみたいです。

船は進み、どんどん利尻富士が大きく見えてきます。
IMG_0079.JPG
稜線がなだらかで山裾すぐが海岸線なので、まるで海に浮いている山に見えるね。

DSCN2743.JPG


17:10ごろ。礼文島・香深フェリーターミナルに到着!
ターミナル入ったところにゆるキャラ登場。
IMG_0082.JPG
この島にしか咲かない花、レブンアツモリソウがモチーフの、その名も「あつもん」(笑)。

宿の小さな旗を持った方がお迎えに来ていて、
その中に私たちが泊まるところのもあったけど、
「今日は運動不足、歩こう」とのことでお願いの電話も入れていなかったので
カバンかついで歩きます。

歩いている途中で、「あれ?お迎えの車が出てますけど?」
と車に乗った男性に声をかけられました。
「何でうちが泊まるってわかったのかな?」と思ったけど、
その先には宿泊先らしいところはないみたいで…。だからわかったのか(笑)。
でもフェリーターミナルからは10分くらいしか歩いていません。
本当に小さな港町ってことがわかります。

宿にチェックイン。この旅で唯一の和室の部屋。やっぱり落ち着くなー。
そして障子を開けたら…。


オーシャンビュー!しかもドドーンと利尻富士!うれしい。
IMG_0080.JPG

ふだんは2食付の宿なんてまず泊まりません。
(そりゃそうだ。基本、旅=遠征で、ライブは夜なんだから)
が、島では夕食もついている宿にしました。なんだか新鮮…。
慣れていなくて、携帯も持っていきそびれ、写真が全くありません。
が! 素朴だけど、品数豊富だしどれもおいしい。
お刺身・タラバの脚・ホッケの蒸し焼き・魚介のホイル焼きなどなど。
お肉より断然魚介類派の私にはうれしすぎました♪
もちろん北海道限定のサッポロクラシックビールも飲んじゃうよー。
ごはんはパスするくらいおなかいっぱい食べました。

お部屋に戻っても、まだ19時半にもなっていない。
ふだんはまだ仕事していることがほとんどだし、時間の流れがぜいたくすぎる。

暮れていく外の景色、空には月。
DSCN2746.JPG
(針金入ったサッシが惜しい…)

その後はお風呂に入り、フロントで明日の日の出時刻を聞き(3:47と言われた。マジかい)、
お布団でゴロゴロしながらあっという間に寝てしまいました。
たぶん22時くらいだったんじゃないかな(笑)。
だって全員、前夜就寝1時過ぎだもん。

というわけで、明日はいよいよ礼文島観光。
posted by じろう at 22:36| 東京 ☁| Comment(0) | あっちへこっちへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。