2012年03月17日

春休み@水戸

1週間経ってしまったけど、「あぁよかったなぁ〜」って気持ちは変わらず。
ここのところ、ライブのことはすっかり書かないブログと化してますが、
今回は書いておこう。

というわけで、北山さんのソロ@水戸・ライトハウス。

昔、この街に住んでいたのでもちろん存在は知っていたライブハウスですが、
行ったことはありませんでした。
このあたり、区画整理たぶんあったな…。曲がり角の感じが変わったような。

SBCA0147.JPG
黄門様の像。

SBCA0146.JPG
の向かいにあるこちらです。

「ホント、せまいから!!」と複数の人から証言を得てはいたんだけど、
呼ばれて入っていく人たちの番号とざっと見た感じだと
トータルで150人も入っていないと思います。
(前から2?3?列がパイプ椅子の席で30人。
その後ろが立ち見で、5列しかなかったという)

すごいくじ運じゃないか、自分!! 今後が心配であります。

ベースとドラムとキーボードでいっぱいな上に、
センターに置かれてる何か。あそこで歌うんだよね?近すぎる…。
事実、出てきて1曲目歌った後だったかな?
「近いよねー。近すぎて戸惑ってる様子がわかる」みたいなことを言ってたくらい(笑)

******************************************************
Senorita(Justin Timberlake)
Rock with You 〜 Human Nature 〜 Remember the Time
(1&3曲目はたぶんこれかと/ Michael Jackson)
Personal(Craig David)
Candle Flower
Lullabye(Billy Joel)
AstroNote
Bridge Over Troubled Water (Simon and Garfunkel)
BRIDGE
あたらしい世界
月光
5時までに
星屑の街

[En]
REMEMBER
エンドロール
今日が終わる前に
******************************************************

東京のときは2ステージあったために、1時間と決められていたらしく
しゃべりを削りまくったのだそう。
水戸では時間に余裕があったので、1曲終わるたびに何かしらしゃべってました。

「Personal」は東京ではやらなかった曲らしいのですが、
「いやぁ、この曲、ひどいんだよ。ホント…」
と言って、歌詞を和訳し始める。
もしこれを某Tちゃんが見ていたら、
ライブ後に飲んでるときに絶対何か言うよなー というなかなかな内容でした。
まーつまり、あまりに直接的すぎるわけですね。
英語の歌詞をちっちゃな声でつぶやきながら、えっと と日本語で話す。
つぶやいてるときのちょっと上目づかいば感じがよかったです。

ここのしゃべりの中で私のツボに入ったのが、
「あなたとお近づきになりたいわん」って言葉。「わん」ってなんですかー。

「アップテンポな曲はここまでで、次は切ない曲です」と言って、
アップテンポコーナー(?)はおしまい。
twitterであれだけ募っておいてそれだけですか(笑)?とは思ったけど、
ここからが北山さんの本領発揮でした、やっぱり。

Billy Joelが娘さんへの子守唄として作ったという「Lullabye」。
これ、すごくよかった。やさしさとかあったかさが出ていて。
そして「AstroNote」。がんばっている人に対するやさしい応援歌みたいなね。

「Bridge Over Troubled Water」は歌うんじゃないかって予感はあったんだけど。
(須藤さんのアルバムとはアレンジがちょっと違っていた)
その後に「『ゴスペラーズなのにゴスペラーズの歌がない、英語ばっかりかよ』と思っている人も
いるかと思いますがー」と言って始まったのが。

「BRIDGE」でした。はぁ、BRIDGEつながりか!
正直↑の言葉のときは「いや、ソロを見に来たんだからゴスの歌じゃなくても」
と思ったのですが。
まず、この「BRIDGE」でやられた。
もちろんソロだから5人のパートを全部一人で歌うんだけど、
CD聞きまくって、ハモリズムツアーでも見まくって、耳が覚えちゃってる各パートを
違和感なく、むしろ「これいいじゃん!」と思わせる歌いっぷり。
ヤス〜黒ぽんへとラストにいくにつれ、オリジナルよりもかなり熱を帯びた感じ。
でも北山さんの歌声だから、終わった後はさわやか みたいな。
いっそ「街角」みたいに「○○のBRIDGE」ってのがあってもいいんじゃないかと思ったくらいです。

「5時までに」の♪大丈夫〜 のフレーズから「星屑の街」へ行った時は
「はぁ〜っ」(ため息です)って思ったし。
歌の後に「ここにいる方はお分かりだと思いますが、すべて僕が作曲した曲なので
好き勝手につなげてみました」って言ってて、まぁ確かにと。
「星屑の街」のラストも歌いあげ系になっていて、でも違和感は全くなし。
思わず演奏終わる前に拍手しちゃうくらいでした。

本編終わって、いったん引っ込み。
どうも、東京ではあまりに時間がなさ過ぎて
バンドメンバーは引っ込まずに、自ら「アンコール!」と言って出てきたそうで(笑)。
ふつうにアンコールできてよかった。

曲が始まる前に「REMEMBER」について触れて、
最初のソロライブ前の打ち合わせのときに
キーボードの柴田さんにお子さんが生まれたばかりで
そんなときに会ったなら曲を作ろっかと言って、すらすらーっとできた曲なんだとか。

そんな前振りがあった後で聴いた「REMEMBER」。
♪あとどれくらい 側にいられたら 君は僕を覚えてる?
やさしくて繊細で。相手を想う気持ちがじわーっと広がっていく感じ。
この曲、何とかして音源化にしてもらいたいです。
「遠い約束」みたいにゴスが後の方でコーラス入れて。
またいつか聴けますように。

ここで、ベースとドラムの方とはお別れ。しっかりとハグ。
ここか次の曲行く時かどちらかあいまいなんだけど、
「ゴスペラーズの曲だから歌詞は大丈夫だと思うんだけどいちおう」と言って
資料?を見ようとしたら、順番がくるってしまっていたみたいで。
(ファイルにとじてるわけでもなくただ束になっていて、ライブ中に落としたりもしていたためか)
「あれ?おかしいなー?」みたいに首かしげたりしながら探してて、
なんか素だなーと思いつつ、でも見られてること意識してますよね(笑)?とか思っちゃったり。

「エンドロール」。
もちろん北山さんも歌ってる曲だけど「てっちゃんのところ、どう歌うんだろ?」って。
でもすごく落ち着いた低い声(っていっても、もちろんあの低音ではなく)で
淡々と、だけど力強く歌ってました。
1人で歌ってるんだけど、1人で歌ってるんじゃないみたいな感覚。
帰宅した後にどうしても聞きたくて「号泣」のときのエンドロールを見たんだけど、
今回の1人エンドロールの感覚はまったく消えず、両方ありだな って思えたの。
「はぁ、すごい人だなー」と思ってたところ。

「こんな感じで終わるのもなんなので」
「東京のときはちょうどいい感じの時間で、今日はちょっと早いんだけど」
とか言っちゃって、キーボードからの音で「え?まさか??」。
思わずお隣さん(東京も見た)に「ホント?」って聞いてしまった「今日が終わる前に」。

ずーっと前に北山さんが歌ってみたいと言っていたと聞き、
それが実現するなら絶対聴きたいと思っていた曲。
知らない間に涙出ました。
今の酒井さんが歌うバージョンも聴きたいんだけど、こちらも素敵。
聴けてよかった。ありがとう。

トータル1時間45分くらいのライブでしたが、本当にいい時間でした。
終演後のうっとり感はちょっとすごかった。
早い時間だったので、駅前まで戻って特急の最終まで飲んで余韻に浸っていたという…。



【おまけ・1】
ライブ前に会っていた友だちからもらったこれぞ!茨城名物。
波紋を巻き起こしたら困るので(笑)、中が見えないようにしてクロークに預けました。
SBCA0151.JPG


【おまけ・2】
その友達。夫婦そろって音楽好き。ライトハウスでもライブをよく見ているらしく。
ご主人が3月のスケジュールを見て
「ひとりだけわかんない人がいる。3月10日!」と言っていたそう。
そうだよなー、そんなもんだよなー。
5人が来る時はぜひ見に行って!と宣伝しておきました。

posted by じろう at 22:31| 東京 ☁| Comment(3) | The Gospellers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まじですか!!!!!!

このラインナップだけでときめいてるので、
その場でみていたら絶対また落ちる気がする。

ステージに立つ姿、その距離が近ければ近いほど
気持ちがぐっと動くというか、何かすごいパワーを浴びるよね。
うっとり時間、何よりのエネチャー!ライブっていいね。
Posted by miho at 2012年03月18日 23:07

って私だよね?
まあ何か言うでしょうなぁ、間違いなく(笑)

"ReMember"は、私も初聴きのときそのサビが頭から離れなかったよ。
また聴きたいなぁ。

おすそわけどうもありがとう。
素晴らしいライブだったようで何より嬉しいです。
Posted by 某T at 2012年03月22日 02:57
☆mihoさん
ね?引き戻すでしょ(笑)?

ここまでゴス曲歌うと思っていなかったので、正直びっくりしたんだけど。
だからこそ、違いとかすごさとかを実感したよ。
近すぎてなんだかボーっとしてしまいました。
次回お会いする時はぜひユタカさんの「置き去り」感を教えていただきたく候。


☆某Tちゃん
あなたしかいないでしょー。
ジョッキ片手に○○トークをする光景まで思い浮かべてたわ(笑)。

私、言ったこととかをちゃんと覚えておけないので何となくでごめんなさい。
本当にTちゃんに見てほしかった!私なんかが見てスイマセン みたいな。
でも今までシスターズの反応ポイントを見ていたおかげで、
「あ、ここたぶん好きだ」っていうのがわかるようになったよー。 ←どういう報告
Posted by じろう at 2012年03月22日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。